電設器材

HOME > 日油技研工業の事業紹介 > 電設器材

電設器材
次世代のニーズをとらえ新たな価値を創りつづける
日油技研工業の電設器材

 私たちの電設器材用製品は、安全・確実な地絡鉄塔の早期発見に貢献しています。例えば送電線や鉄塔へ落雷があった場合その雷撃地点を特定し、また雷による故障のみでなく、鳥獣害等により地絡故障が発生した場合にも故障箇所を検出します。
 落雷が発生して異常が発生した場合、鉄塔に登ることなく遠く離れた場所からでも容易に落雷地点が発見できます。また、故障鉄塔のみ表示することで、地絡鉄塔の早期発見に貢献しています。


製品ラインナップ

閃絡表示器®K型

架空地線や鉄塔が雷撃を受けた際に、表示を出すことにより雷撃地点の発見を容易にする装置です。

閃絡表示器®R型(リセット式)

閃絡表示器®R型(リセット式)

架空地線や鉄塔が雷撃を受けた際に、表示を出すことにより雷撃地点の発見を容易にする装置です。リセット式で何度でも使用可能です。

地絡点表示器<G・ファインダー®>

地絡点表示器<G・ファインダー®>

Gファインダーは、雷、鳥獣害による地絡故障を検出した際に、表示をする装置です。

senrakukn2.jpg

閃絡表示器®KN型

多分岐を有する架空送電線に故障が発生した場合、分岐箇所を中心として故障線路の方向及び区間を判別する装置です。

架空地線損傷表示器<SBI>

架空地線が素線切れなどの損傷を受ける可能性のある、大きな落雷を検出した際に表示をする装置です。

ケーブル故障区間表示器 <FD>

中性点抵抗接地系統において、電力ケーブルの地絡故障時に接地線を流れる地絡電流から電力ケーブルの故障区間を検出する装置です。

F型・FR型表示部

Gファインダー等からの出力電圧により表示布を放出する装置です。

サージ・インジケータ

設備に侵入した雷検証・雷観測用として使用する装置です。サージ電流を検出すると表示部が青色に変わります。

サージ・カウンタ

設備に侵入した雷検証・雷観測用として、サージ電流の検出回数を記録表示する装置です。

航空障害灯不点通報装置

航空障害灯の不点灯(断芯・断線・停電)を検出し、携帯電話通信網によりeメールで通報する装置です。

屋外無線中継装置

携帯電話通信網外の山岳地などの遠隔地で、様々な保守情報を収集及び配信するための装置です。

 
CONTACTお問い合わせ

製品・技術に関するお問い合わせは、こちらより承ります。
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

CONTACT US矢印 WEBからのお問い合わせはこちらからWEBからのお問い合わせはこちらから
Copyright (C)2017 Ni GK Corporation All Rights Reserved.