Home NiGK OCEAN 概要 事業内容 製品案内 お問い合わせ リンク
Home > 製品案内 > 水温リモート監視装置

水温リモート監視装置

水温のモニタリングは、各研究機関等によってメモリ式の水温計や大型ブイを用いた観測により行われています。しかしながら、メモリ式の観測では安価ではあるもののリアルタイムで情報を得ることが出来ず、大型ブイによる観測ではリアルタイムで情報を得ることができるものの大変高価であり、双方のメリットを活かすことが難しい状況でした。
弊社では、独自に開発した「水温計アレイ(多層水温計)」や「伝送装置」を、お客様のご使用目的に応じ組み合わせ、「水温リモート監視装置」としてご提供しております。この装置であれば、リアルタイムの情報を安価に、また簡単に手に入れることが出来ます。

製品一覧

水温リモート監視装置(Lite)
水温リモート監視装置(ブイ式_rev3)
水温リモート監視装置(AEM-04H)
水温計アレイ
データ管理ソフト(emc2)
各種リモート監視装置

【データ伝送装置 性能比較表】
※メモリを増設し、本体にもデータを保存します。データ紛失・破損時に、遠隔でデータを読み出すことが可能になります。

NEW! 操作が簡単になった廉価版
水温リモート監視装置(Lite)

水温リモート監視装置(Lite)

特長
  • 水温精度:±0.1℃(-5~35℃)
  • 水温測定:最大15層
  • データ伝送方式:携帯電話パケット通信
  • データ形式:CSV形式
  • データ送信先:最大5ヵ所
  • 防水性:IP67(伝送装置本体)
  • 寸法:250(W)×160(D)×90(H)mm
  • 質量:約3kg
  • 電源:太陽電池パネル搭載(通年運用)

前のページへ戻る 上へ戻る

水温リモート監視装置(ブイ式_rev3)

水温リモート監視装置(ブイ式_rev3)

特長
  • 水温精度:±0.1℃(-5~35℃)
  • 水温測定:最大15層
  • データ伝送方式:携帯電話パケット通信
  • データ形式:CSV形式
  • データ送信先:最大20ヵ所
  • 耐水圧:50m
  • ブイ寸法:約φ550×965(H)mm
  • 質量:約40kg
  • 水中重量:約-60kgf
  • 電源:太陽電池パネル搭載(通年運用)
  • オプションで、CT計、クロロフィル計など追加可能。

前のページへ戻る 上へ戻る

水温リモート監視装置(AEM-04H)

水温リモート監視装置(AEM-04H)

特長
  • 水温精度:±0.1℃(-5~35℃)
  • 水温測定:最大15層
  • データ伝送方式:携帯電話パケット通信
  • データ形式:CSV形式
  • データ送信先:最大20 ヵ所
  • 防水性:IP67(伝送装置本体)
  • 寸法:405(W)×300(D)×390(H)mm
  • 質量:約8kg
  • 電源:太陽電池パネル搭載(通年運用)
  • オプションで、CT計、クロロフィル計など追加可能。

前のページへ戻る 上へ戻る

水温計アレイ(特許第4427255号)

水温計アレイ
↑アレイを巻いた状態
水温計アレイセンサー部分
↑センサ部

特長
データ伝送装置用に開発された多層水温計で、1本のケーブルに複数の測定点を設けることができます。柔軟な上に高耐久性で、センサ部もケーブルと同径のため取り回しが良く、ロープに結び垂下させたり壁に這わせたりして設置できます。大気中や地中でも使用可能です。

  • 測定範囲:-10~85℃
  • 測定精度:±0.1℃(-5~35℃)
  • センサ数:1~16点(任意に配置)
  • ケーブル長:最長100m
  • ケーブル径:φ13.5cm
  • 材質:チタン、ブナ-Nゴム
  • 耐久性:10%の伸び、瞬間張力100kg
  • 電源: データ伝送装置より給電

センサのレイアウトや設置方法についてはご相談ください。

前のページへ戻る 上へ戻る

データ管理ソフト emc2

データ管理ソフトemc2 管理画面
↑管理画面の例
データ管理ソフトemc2 自動作図
↑自動作図の例

特長
e monitor compiler 2 (emc2)は、各リモート監視装置から配信されるデータメールを管理するパソコン用ソフトウエアです。 自動でメール受信、データベース化、グラフ化を行います。装置側で異常値を感知した場合は、アラームメール受信時にポップアップにてお知らせします。
項目を選択し測定値の一覧表ならびに時間変動グラフをMicrosoft Excel 形式のデータとして抽出することも出来ます。

  • ●動作環境
  • 対応OS:Windows® 7
  • インターネット接続環境:LAN経由もしくはダイヤルアップ接続

前のページへ戻る 上へ戻る
COPYRIGHT (C) 2010 NiGK Corporation All rights reserved.