製品-トピックス

HOME > 日油技研工業の事業紹介 > 製品-トピックス

今夏の課題解決に貢献できる製品を集めました

<UVラベル 紫外線・除菌関連>
 UV-label

 携帯UV除菌器やマスク用除菌器の照射量で変色するUVラベル
(写真は、品番:S(超高感度))

紫外線除菌

 衛生管理の簡易確認用に

・深紫外線の波長域にも対応する「標準型」UVラベル
  ⇒人体に有害な紫外線が生活空間に届いているか
        確認できるラベル
  ⇒除菌器の紫外線が消毒したい場所に届いているか
        確認できるラベル

  菌やウイルス不活性化に効果のある紫外線は人体
     にも有害である可能性があります。紫外線量を
     半定量的に簡単に判断できる変色ラベルです。

・紫外線硬化ライトに対応する「LED対応」UVラベル
  ⇒紫外線硬化樹脂や接着剤などの硬化工程管理用
        として紫外線量を確認できるラベル

紫外線は人の目では見えません。可視光で光の量を置き換えることもできません。 「使い方次第で有用にも有害にもなる紫外線」を、UVラベルで見える化します。

詳しくはこちら


<サーモラベル 熱中症予防関連>

 サーモラベルLi特定の温度でシャープに変色するサーモラベル(写真は、品番:LI-70)

ヘルメット温度ヘルメット内部の温度上昇結果
品番:LI-40を使用。写真中央の青色マーク
は40℃以上になったことを示している。
 ・危険な温度を色で知らせるサーモラベル
  ⇒ヘルメットなど蓄熱する装備品につけて作業時の温度監視
   できるラベル

 ・屋内使用限定でデジタルサーモテープ
デジタルサーモテープ(屋内)Digital-tape.gif     屋内利用であれば、デジタルサーモテープ
    (ヘルメットの黒部分)による監視も可能

15分の屋外作業でヘルメットの内部が40度に達するなど、熱中症が心配な季節です。 今年はマスクも必須の作業となれば、更に注意喚起が必要になると思われます。 高温状態をサーモラベルで見える化できます。

詳しくはこちら


<メルトマーク / サーモボタン 食の安全関連>
低温管理-メルトマーク低温輸送や食料品の鮮度維持管理に。
指定温度より高温になると白のマークが赤に変色するメルトマーク

Thermo-button
コイン型 温度ロガー:サーモボタン
専用の耐圧容器に入れることで深海でも温度を記録することができます。
 ・低温流通/モーダルシフトに向けた温度監視ツール
  ⇒鮮度維持を見せることができる変色ラベルや温度ロガーです。

cold-storage goods メルトマークは、開梱後1分以内に赤へ変色することがあります。
 それだけ鮮度維持に気を付けていただいていると感じることができました。
商品名: メルトマーク と サーモボタン
使用場所:生鮮食料の梱包箱内
目的:  低温輸送時の温度検知や温度記録

詳しくはこちら


<レトルト殺菌ラベル / レトマーク 食の安全関連>
 レトルト殺菌
レトルト殺菌ラベルレトルト殺菌ラベル
レトルト殺菌処理の条件に到達すると「殺菌済」が出現するラベル
 ・レトルト殺菌処理の条件に到達すると変色するラベル
  ⇒食品事業者が食中毒を起こさないための工程確認ラベル
Boiled-label.gif   写真は加熱積算ラベル(レトマーク)による殺菌工程確認

 詳しくはこちら


<堆肥用サーモラベル 食の安全関連>

compost-Temp  ・堆肥に必要な温度状態を色で知らせるサーモラベル
  ⇒家庭菜園で有機堆肥作りにも挑戦する方へ、発酵が進んでいることを
   確認できるラベル

ご存知ですか? 安心な堆肥に温度管理は必須です。
用途:  口蹄疫ウイルスの侵入リスクの最小化
紹介記事: 農林水産省 「口蹄疫ウイルスに汚染された家畜排せつ物等の
      処理に関する防疫作業マニュアル」
      参考資料4.ペットボトル温度計による堆肥の温度測定

詳しくはこちら


<河川水位計 自然災害対策> 
 危機管理型水位計危機管理型水位計 設置風景  ・河川氾濫に対する逃げ遅れゼロを目指して、開発された
  危機管理型水位計
  ⇒増水時に特化して集中観測する遠隔監視型水位計
用途:  中小河川の水位監視
紹介記事: 2019年6月15日付 愛媛新聞にて  詳しくはこちら


<スマートΦ 自然災害対策>
 スマートΦ
スマートΦ 設置   スマートΦ 設置風景
 ・魚貝に有害な過度の水温上昇をタイムリーに検知する多層水温計
  ⇒夏場、魚貝にとって危険な温度を遠隔地から監視するスマートΦ
用途:  海面養殖施設の水温監視
紹介記事: 2019年8月22日 日刊水産経済新聞にて 
三重県英虞湾の
送信データを利用して水温予測の試み名古屋工業大学  大塚研究室が始めました予測の取り組みは公開実験のため、アルゴリズムのチューンなどにより不定期で停止することがあります。

CONTACT US矢印 WEBからのお問い合わせはこちらからWEBからのお問い合わせはこちらから
Copyright (C)2017 NiGK Corporation All Rights Reserved.