製品-トピックス

HOME > 日油技研工業の事業紹介 > 製品-トピックス

開発トピックス (UVラベル)

<UVラベルでUV-C(253.7nm)のLED除菌ランプの機能確認例
 漏油-Tape-s.jpg

 携帯UV除菌器に対する UVラベル感応確認試験
(除菌工程1回では、UV-Sが目安として適当と判断)

除菌確認2.png

 ヘルメットの衛生管理に試用

photo_UV_3.png
UVラベルは、UV硬化型樹脂の硬化判定やガンマ線,電子線照射の確認など、主に工業用プロセス管理に用いられているものです。最近、ユーザーから「UVラベルはUV-C除菌器にも反応するのか」の問い合わせを受けて、緊急に評価しました。
 結果:UV除菌器1回の工程(照射線量)に対してUV-Sが明敏に反応しました。6回の工程(照射線量)に対してUV-Hの変色が確認できました。除菌器を連続して利用する場合はUV-H、長期間の評価にはUV-Mと用途別に可能性のあることが分かりました。  (試験は継続します。)
 注:左記試験は、UV除菌器のランプにUVラベルが反応することを確認し、ランプの機能をUVラベルで簡易判定可能か定性的に確認するためのものです。UV-Sラベルがピンクに発色したからと言って除菌を保証するものではありません。

メモ: 紫外線は波長別にUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に大別できます。日焼け止めクリームで見る”SPF”はUV-Bに、”PA”はUV-Aに対する効力を示すようです。では、UV-Cに対応するものは? 実は太陽光のUV-Cはオゾン層などで吸収され、地表には殆ど届きません。”日光消毒”にUV-Cの殺菌効果は少ないかもしれません。

製品活用事例の紹介

<スマートΦ>
  商品名: スマートΦ(2020年 販売開始)
使用場所:海面増養殖施設
目的:  海を利用した養殖施設の水温監視
紹介記事:
三重県英虞湾の送信データを利用して水温予測の試み名古屋工業大学  大塚研究室が始めました予測の取り組みは公開実験のため、アルゴリズムのチューンなどにより不定期で停止することがあります。


<危機管理型水位計2018> 
  商品名: 危機管理型水位計2018
使用場所:愛媛県肱川など
目的:  中小河川の水位監視
紹介記事:

<堆肥用サーモラベル> 
堆肥用サーモラベル.jpg ご存知ですか? 農産物輸出額世界第2位のオランダでは堆肥の生産管理に弊社のデジタルサーモテープも利用されています。安心な堆肥に温度管理は必須です。

商品名: 堆肥用サーモラベル / 関連商品 サーモラベル(4E-55)
使用場所:農場など
目的:  口蹄疫ウイルスの侵入リスク最小化
紹介記事: 農林水産省 「口蹄疫ウイルスに汚染された家畜排せつ物等の
      処理に関する防疫作業マニュアル」
      参考資料4.ペットボトル温度計による堆肥の温度測定


<サージ・カウンタ>
商品名: サージ・カウンタ
使用場所:キュービクル式高圧受電設備
目的:  工場電源設備における大波電流の検出と影響評価
紹介記事: ーーー


<メルトマーク / サーモボタン>
商品名: メルトマーク と サーモボタン
使用場所:生鮮食料の梱包箱内
目的:  低温輸送時の温度検知や温度記録
紹介記事:ーーー 

CONTACT US矢印 WEBからのお問い合わせはこちらからWEBからのお問い合わせはこちらから
Copyright (C)2017 NiGK Corporation All Rights Reserved.