養殖・マリン・環境

HOME > 日油技研工業の事業紹介 > 海洋・スマート水産業 > スマート水産業

魚貝類の居住環境・お届けまでの温度を管理する

魚価を高めるためのお手伝い。魚貝類の出荷までの生育環境のデータを公開する動きがあります。鮮度保持をアピールする為に流通過程での温度変化を公開する動きもあります。
付加価値を上げるお手伝い・食の安全に貢献できるお手伝い・私達は美味しい優しい見せられる機材を提供しています。
養殖管理
 上の図は、海面養殖の現場から消費者へ届くまでに関わっている当社の環境監視・工程管理・温度管理資機材を示しています。海面養殖の現場では e monitor (イー・モニター)シリーズ①②③が異常水温などを遠隔監視しています。水産加工の現場では、示温材が加工時の温度管理に利用されています。低温保管や輸送の現場ではデータロガー④やメルトマーク⑤の利用が期待されています。
Logi-data.gif 上のグラフは、観光生鮮市場から受け取りまでの間の食材の温度変化を示しています。食材の通い箱の中にデータロガー(サーモボタン21G)とメルトマークを入れて出荷しました。この例では、倉庫保管時や輸送時の温度管理状態を推測することができます。おいしいものを安全に楽しく。飼育・生育から保管・お届けまでの期間、当社は様々な資機材を用意して、生産者そして消費者の皆様に貢献しています。

主な製品紹介

水質遠隔監視装置-アクア・イー・モニター

1:アクアEモニター(Aqua e-monitor)

山・川・海上など、太陽電池を利用して、環境データを定期的にE-mailで伝送する装置です。データはエクセルでも加工できるcsv添付ファイル形式です。 運用事例

水温遠隔監視装置-Lite

2:T-moni(水温環境リモート監視装置Lite)

環境温度(水温や気温や地温)を計測することに限定した結果、安価で小型の装置となりました。小型の航路ブイにも取り付けられます。 運用事例

漁場遠隔監視装置-ブイ式Eモニター

3:ブイ式Eモニター(ブイ式 e-monitor) 

定置網や沖合の波が高い場所でも利用できるブイに内蔵型のデータ伝送装置です。電子部は耐水圧容器に入っています。台風時に数十m程度水中に潜り込んでも壊れません。 運用事例

簡易データロガー

4:サーモボタン

出荷場所からお届け先までの流通過程の温度監視に利用されています。コイン型の記録式温度計です。多段階運送により温度管理が難しくなることに備えて、引き合いが増えています。

メルトマーク

5:メルトマーク

冷蔵庫内の温度確認や保管倉庫内の温度状態を目で確認するラベルです。温度上昇が一回でも起こるとマークが白から赤に変色します。変色後は元に戻りません。

レトルト殺菌

レトルト殺菌ラベル

レトルト殺菌処理条件に到達しているかどうかが簡単に判別できるラベルです。裏面は粘着加工してありますので、測温物に貼ってご使用ください。変色したものは元の色に戻りません。

CONTACTお問い合わせ

製品・技術に関するお問い合わせは、こちらより承ります。
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

CONTACT US矢印 WEBからのお問い合わせはこちらからWEBからのお問い合わせはこちらから
Copyright (C)2017 NiGK Corporation All Rights Reserved.