データ転送システム

HOME > 日油技研工業の事業紹介 > 海洋事業・環境観測 > データ転送システム

パケット通信網を利用した無線データ転送

 (株)NTT DoCoMoや、KDDI(株)が提供しているパケット通信網を利用した無線のデータ伝送装置を製作しています。ユーザー様のご要望により、ユニットの供給ならびに、ハード、ソフトを含めたカスタマイズも行っています。

水温リモート監視装置(ブイ式_rev3)

本装置は、無線のデータ伝送装置「ブイ式e-monitor(rev.3)」と、多層の水温が計れる「水温計アレイ」から構成されており、メールを受信出来るパソコンや携帯電話があればデータを受信することができます。






e-monitor

「e-monitor」とは、NTT-DoCoMoやKDDIが提供しているパケット通信専用の端末を内蔵したデータ伝送装置で、オリジナルCPU、Mobile Ark or CDMAデータモジュール、バッテリ、アンテナが防水ケースにコンパクトに収納されています。
各種センサと接続することで、出力されるデータをメモリ内に保存するとともに、設定された時刻になると、そのデータをe-mailで配信できます。また、双方向の通信も行えるため遠隔地にあるシステムを制御することも可能です。
弊社では、ユーザー様のご要望によりユニットの供給ならびにハード・ソフトを含めたカスタマイズも行っており、センサはアナログ出力・デジタル出力・RS232C/RS422/RS485等、対応できます。






写真:e-monitor 各種      
CONTACT US矢印 WEBからのお問い合わせはこちらからWEBからのお問い合わせはこちらから
Copyright (C)2017 Ni GK Corporation All Rights Reserved.