NiGK Oceanの紹介

HOME > 日油技研工業の事業紹介 > 海洋事業・環境観測 > NiGK Oceanの紹介

NiGK Oceanの紹介







私たちは、1980年の会社設立当初から、お客様が希望されるユニークな水中機械・装置の開発をおこなってきました。
ロケットの切離技術を利用した深海でも使用できる切離装置は、20年来のロングラン製品です。大量採水器は、バッチ式海洋深層水採取装置として,または薄く存在する物質の濃縮前試料採取装置として利用されています。携帯電話や衛星電話機能を組み込んだリモート監視装置は国内外の海上・湖沼・浚渫現場で利用されています。水中の決められた場所で昇降する装置(ウインチ)は水質計測の分野で画期的な開発となりました。他にも用途・要望に応じた装置を提供しています。

機械・電気の設計、ソフトの開発、支給を受けた機材とのマッチングそして総合システムの提案・製作・調整に至るまで幅広い分野にエンジニアを有しています。
 

「広大な海を少しでも身近なものへ」
「水圏環境の問題を解決へ導くサービスの提供」
NiGK OCEAN の仕事として、これからも地道に取り組んで参ります。

NiGK Oceanの事業

 部品レベルの電子基板・耐圧容器からカタログ製品、そして大規模なシステム開発に至るまで、お客様のニーズに幅広く対応しています。

リモート監視装置(データ伝送システム)

  海のIoT 漁場環境・養殖施設の水質情報をスマホへ配信 
  濁水監視  港湾・河川・大工場。排水の濁度を指定監督所へ 
                メールで定期配信 
  水位監視  河川の増水・出水状況を即座に配信 


 海で鍛えられ、そして山で耐え抜いたシステムです。タフです。









海洋観測係留システム

  水中に計測機材を一定期間置いて、その場所の環境変化を自動観測
  します。一つ一つの計測機材の設計・製作やシステム全体の設計を 
  おこなっています。電池だけで○○年間動作させるので、省電力設計
  となっています。


海底観測ケーブルシステム

  陸上と海底を電力・通信ケーブルで繋いで、海底の変化を長期間観測
  する大掛かりなシステムです。国立研究開発法人の最先端技術の指導
  の下、システムの部分的な設計・製作をおこなっています。







CONTACT US矢印 WEBからのお問い合わせはこちらからWEBからのお問い合わせはこちらから
Copyright (C)2017 Ni GK Corporation All Rights Reserved.