RFIDとは

HOME > 日油技研工業の事業紹介 > RFID > RFIDとは

RFIDの基本を理解する~自動認識技術~

RFID(Radio Frequency Identification)とは、一言で言えば、「電波を使ってID情報をやりとりするための自動認識システム」の一種です。これだけではピンとこないかもしれませんので、身近にある技術から理解をすすめましょう。

 

img

自動認識システムの代表選手、それは「バーコード」。レジでバーコードを「ピッ」とスキャンすれば、瞬く間に価格や品名などが表示されます。また最近は大分浸透してきた「QRコード」も、ケータイをかざすだけでWebサイトに飛び、お得なクーポンなどの情報に瞬時にアクセスするためのシステムですが、これも自動認識システムの一つです。

では、RFIDはバーコードやQRコードと比べて何が違うのでしょうか?

それは、電波の性質を利用した利便性にあります。よりわかりやすく理解するために、以下、順番を追って見てみましょう。

img

RFIDシステムには、

・ICチップ(集積回路)とアンテナを組み合わせた「RFタグ」と呼ばれる小さな電子部品

・専用のRFIDリーダー/ライター(以下リーダー)

・システム(PC、ネットワーク)

が必要となります。

このリーダーからは、特定の電波が発信され、アンテナがこの電波を受信することで、リーダー⇔ RFタグ相互で情報を通信する仕組みとなっています。

RFIDだけがもつメリット

バーコードやQRコードも、「自動認識技術」の一つとして社会に浸透し、生活に欠かせないものになっていますが、RFIDは、電子のテクノロジーにより、自動認識技術をさらに便利なものにしています。以降、バーコードとRFIDの違いをより詳しく学びます。

1.広く、同時に読める

バーコードやQRコードは、スーパーマーケットのレジを見れば分かるように、近距離で一つ一つ情報をスキャンしなければなりません。情報が多くなればなるほど、読み込みに手間と時間がかかってしまいます。

一方、RFIDは電波が届く範囲であれば接触していなくとも、何百個のRFタグからでも情報を一括で同時にスキャンすることができるので省力化、短時間化に寄与します。

img
img

2.見えなくても大丈夫

バーコードやQRコードは汚れ・重なりがあると読み込むことができなくなりますが、RFタグは電波を利用しているので、こうした影響を受けません。また包装の裏側、内部でもスキャンできますので、箱を重ねたままでも、手の届かない場所でも一括スキャンができます。

img

3.書き込みができる

バーコード、QRコードでは印刷した時点が情報の書き込みになります。RFタグはメモリ(記憶装置)を持っているので、情報の書き込み・書き加え、リライトが可能です。一度きりの製品情報だけではなく、流通過程でのタイムラインや環境履歴を残すなどの新たな用途が可能です。

img

RFIDはバーコードに比べて多くのメリットや機能があります。

CONTACTお問い合わせ

製品・技術に関するお問い合わせは、こちらより承ります。
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

CONTACT US矢印 WEBからのお問い合わせはこちらからWEBからのお問い合わせはこちらから
Copyright (C)2017 Ni GK Corporation All Rights Reserved.