中小河川水位計-観測事例

HOME > 日油技研工業の事業紹介 > 海洋・河川環境観測 > 中小河川用水位計 > 中小河川水位計-観測事例
危機管理型水位計(国土交通省仕様)の状況はこちら。 
  (一般財団法人河川情報センター殿の専用サイトへジャンプします。)

    ⇒木曽川水系:和良川・弓掛川・大間見川など

AEM-R (鶴見川水系鳥山川の検証試験データは↓)
データ実績1.png

    #1の2017/09/22のデータ検証

検証期間のクローズアップ
 9/22の局所豪雨時の試験結果 20分程度で水位が1m程度増加しています。水防団待機水位(緑線)は
 1.4mで、18時20分から30分の10分間で水防団待機水位を超えてしまいました。装置は18時10分に一度
 水位の増加速度が速いと検知して警報メールを配信しています。その後の18時30分には水防団待機水位を
 越したことを警報メールで配信(写真右のスマホ画面参照)しています。スマホ等へメール配信設定を
 することで、管理者が出張していても 判断のタイミングを間違えることはありません。

      その時の河川状況
増水写真.jpg  河川カメラ映像(出典):http://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo04_hh_000056.html

河川の増水変化は雨量や地域特性や降雨時間によって変化します。変化量が短時間で著しく変わるのは、やはり大河川よりも中小河川・用水路だということを知りました。もっと身近に情報を、このようなことを感じる結果でした。

次のページへ  水位計トップへ戻る




CONTACT US矢印 WEBからのお問い合わせはこちらからWEBからのお問い合わせはこちらから
Copyright (C)2017 NiGK Corporation All Rights Reserved.