滅菌バッグ

HOME > 日油技研工業の事業紹介 > 滅菌資材 > 滅菌バッグ


滅菌バッグとは

減菌バックとは
HPSP®滅菌バッグは、厳しい滅菌用包装材料の条件(確実な滅菌、長期の無菌保存)を満たす滅菌紙、及びフィルムを使用し、日本国内にて生産を行っております。優れたピールオープン性/ヒートシール性を有しており、確実な滅菌作業には欠かせない滅菌包装材料です。
HPSP®滅菌バッグに印刷されているケミカルインジケータは、当社特製のインジケータです。特にオートクレーブ用は、オートクレーブ滅菌処理後に「AC処理済」の文字が黒褐色で現れるため、処理済の確認が非常に分かり易く、視認性に優れております。

製品ラインナップ

Hybrid Type AC・EO オートクレーブ・EOガス両用 TS-3000シリーズ
ロールタイプ。イージーピールを重視した設計です。
TS-4000シリーズ
ロールタイプ。ヒートシール性を重視した設計です。
TS-5000シリーズ
ロールタイプ。ギャゼット型。ヒートシール性を重視した設計です。
ワンシールタイプ(カット品)
上記、TS-3000・4000・5000シリーズ ワンシールタイプ(カット品)です。
for Autoclave AC オートクレーブ用 TS-100シリーズ
紙製。豊富なサイズをラインナップ。ヒートシール式、テープシール式、アルミ板シール式の3タイプを用意。
TS-210シリーズ
ロールタイプ。表示とケミカルインジケータをフィルム間に印刷。ヒートシール性を重視した設計です。

旧製品(生産完了品)一覧

Hybrid Type AC・EO オートクレーブ・EOガス両用 TS-2000シリーズ
TS-700シリーズ
TS-900シリーズ
TS-1020シリーズ
TS-900C、TS-1000Cシリーズ
for Autoclave AC オートクレーブ用 TS-400シリーズ
for E.O.Gas EO EOガス用 TS-310シリーズ
TS-500シリーズ

マークの見かた

以下はHPSP®滅菌資材ページにおいて使用されるマークのご説明になります。ケミカルインジケータのタイプ分け(ISO11140-1)マークに関しては、こちらのページをご覧ください。

滅菌資材・用途別マーク

滅菌資材用途別マーク マークの説明
for Autoclave AC オートクレーブ滅菌処理用 オートクレーブ滅菌処理用のマークです。当社では減菌バッグ、滅菌カード、B&Dテスト、滅菌テープ、滅菌ラベルの各製品がございます。
for E.O.Gas EO EOガス滅菌処理用 エチレンオキサイドガス滅菌処理用のマークです。当社では減菌バッグ、滅菌カード、滅菌ラベルの各製品がございます。
Hybrid Type AC・EO オートクレーブ・EOガス両用 オートクレーブ、エチレンオキサイドガス滅菌処理が可能な両用タイプです。当社では減菌バッグ、滅菌テープの各製品がございます。
for Plasma 減菌対応 プラズマ滅菌対応 プラズマ滅菌対応製品のマークです。当社新製品、ロット管理用カラーラベル「PAL-PS」は対応製品です。

減菌バッグタイプ別マーク

滅菌資材用途別マーク マークの説明
Film Print インジケータフィルム印刷タイプ 減菌バッグへの表示とケミカルインジケータをフィルム間に印刷したタイプです。インジケータの変色不良が軽減、被滅菌物への汚損防止、視認性、利便性に優れています。
One Seal ワンシールタイプ 三周辺がヒートシールされ、袋状になっているタイプです。被滅菌物を挿入し一端をヒートシールして使用することができます。
Roll Type ロールタイプ ロールバッグタイプです。ロールバッグは、所要の長さに切断して、一端をヒートシールしてから被滅菌物を挿入し、ついで他端をヒートシールして使用します。

減菌バッグを正しくお使いいただくために

被滅菌物の洗浄・乾燥を充分に行う
被滅菌物の洗浄・乾燥を充分に行う。

濡れた状態でパックすると、滅菌不良やバッグの破損が生じる恐れがあります。

被リネンやガーゼなど、蒸気の浸透が難しいとされる物を詰めすぎない。
被リネンやガーゼなど、蒸気の浸透が難しいとされる物を詰めすぎない。

滅菌不良やパンク(シール部の剥がれ)の原因となります。

クーパーなどの先の鋭利なもの、または金属トレーや大型のガラス器具などをパックするときは、それぞれ先端をガーゼで保護する、不織布などでくるむ等の措置をする。
クーパーなどの先の鋭利なもの、または金属トレーや大型のガラス器具などをパックするときは、それぞれ先端をガーゼで保護する、不織布などでくるむ等の措置をする。

バッグの紙やフィルムが破損する恐れがあります。

ガラスシリンジ、ピンセットなどを入れるとき、先端部から勢いよく落とし込まない。
ガラスシリンジ、ピンセットなどを入れるとき、先端部から勢いよく落とし込まない。

袋の底部が破れる危険性があります。

シールは完全に!
シールは完全に!

特にオートクレーブの場合はパンクの原因となります。シール条件はシール機の機種、減菌バッグの種類によって異なりますので弊社セールスマンにおたずねください。

保管上の注意
保管上の注意

インジケータバッグの性能を劣化させる原因となりますので、使用前は直射日光を避けて冷暗所に置くようにしてください。

再使用について
再使用について

減菌バッグはディスポーザブル商品です。メーカーの立場では商品の安全は保証致しかねます。

インジケータについて
インジケータについて

減菌バッグに印刷してあるインジケータは、滅菌工程を通ったかどうかの確認用です。袋の中が滅菌状態に達したかどうかの確認には滅菌カードをご使用ください。

その他 注意事項

減菌バッグ・各種インジケータ類は、過酸化水素プラズマ滅菌には使用できません。
AC滅菌を行った滅菌物と、過酸化水素プラズマ滅菌した滅菌物を同一に保管した場合、ACインジケータが徐々に退色する傾向があります。EO用インジケータは、洗浄成分が残っていた場合、正常な変色とならないことがあります。

CONTACTお問い合わせ

製品・技術に関するお問い合わせは、こちらより承ります。
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

CONTACT US矢印 WEBからのお問い合わせはこちらからWEBからのお問い合わせはこちらから
Copyright (C)2017 Ni GK Corporation All Rights Reserved.