屋外無線中継装置

HOME > 日油技研工業の事業紹介 > 電設器材 > 屋外無線中継装置

遠隔地の情報収集

特徴

屋外無線中継装置は、様々な保守情報を収集・配信することが可能です。

1.太陽電池+Liキャパシタで動作(無日照で5日間動作可能)
2.マルチホップ(最大100台までリレー中継)
3.間欠同期通信(電波時計による時刻同期)による省電力化
4.高性能2.4GHZ帯電力無線
5.  各ノードで情報収集可能→メール配信(携帯装置)



無線中継イメージ



使用用途

●送電鉄塔上での無線通信 
●山岳地帯での無線通信 
●携帯エリア外からの情報中継 
●設備故障情報の収集
●各種センサー情報の収集

CONTACTお問い合わせ

製品・技術に関するお問い合わせは、こちらより承ります。
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

CONTACT US矢印 WEBからのお問い合わせはこちらからWEBからのお問い合わせはこちらから
Copyright (C)2017 Ni GK Corporation All Rights Reserved.