ご当地缶詰 熱処理工程にレトルト殺菌ラベル

HOME > NiGK Media > Temperature indicators 示温材 > ご当地缶詰 熱処理工程にレトルト殺菌ラベル
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近流行りのご当地缶詰。地方創生にも一役買っています。バッチ処理による熱処理工程をおこなっている工場も少なくないと思います。基準の温度×時間以上の環境になっていたことを確認できる工程管理用殺菌カードレトルト殺菌ラベル®をご紹介いたします。

缶詰の熱処理工程に工程管理用殺菌カードご当地缶詰の熱処理工程の確認に利用されている S-110-15。


工程管理用殺菌カード S-110-15

上の写真は、缶詰工場などで使用されている工程管理用殺菌カードです。使い方はとても簡単。缶詰と缶詰の間に挟み込んだり、一緒に置いて熱処理工程していただくだけでOKです。熱処理工程が正常(S-110-15の場合は110℃x15分間)に終わると、カードから「処理済」の言葉が浮き出ます。一度 浮き出た文字は、冷めても消えることはありません。このため、熱処理工程の結果を確認・記録するための便利な資材として高い評価を受けています。品質維持が行き届く数量で手作り感も出したいご当地の生産現場には、最適な温度管理ラベルです。

この他にも用途に応じて、測温物に貼り付けて使用するレトルト殺菌ラベル®レトマーク®給食用サーモラベル®加熱積算ラベル®も取り揃えています。食品衛生管理に簡単便利な日油技研工業の温度管理資材(示温材)の適用はいかがでしょうか。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CONTACT US Please contact us anytime you have questions.
Copyright (C)2017 NiGK Corporation All Rights Reserved.